« 2006年10月16日 | トップページ | 2006年10月27日 »

こどものおやつ。にんじんのコンフィチュール。

Img_1030 うちで使う野菜はいつも、茨城の個人農家から季節の有機野菜を分けてもらっています。

この前はスーパーでは売っていないような小さな人参(間引きしたものでしょうか)が沢山入っていました。そのまま齧っても充分美味しいのでしょうが、今回もまた、野菜嫌いな息子の為に何を作ろうかと考えた結果、コンフィチュールに決定!

シャレた言い方をしてしまいましたが、ようはジャムなんです。

息子は毎日のようにパンを食べるので、この人参のコンフィチュールは正にうってつけ☆

目でも楽しめるように、今回はパンをハロウィン仕様にしてみました。

息子は喜んで人参とは知らずにもりもりとほうばっていましたよ~♪Img_1017_6

コンフィチュールはパンに塗る他に、ヨーグルトに混ぜたり、寒天で固めて食べても美味しいおやつになります☆

にんじんのコンフィチュール  レシピ

にんじん             300g     水             適宜

オレンジジュース(100%)  200cc     メープルシロップ  量はお好みで

作り方

にんじんは皮を剥いてスライスし、オレンジジュースと水(人参が浸る位)で柔らかくなるまで煮る。(水分は減ってきたら調節してください)

にんじんが柔らかくなったらミキサーにかけて滑らかにする。  再度鍋に戻してメープルシロップを入れ、好みの濃度になるまで煮詰める。(焦げないように注意)

きょうのむすこっち。

今月いっぱいで断乳する事に。

これはずっと前から旦那と話し合って決めていた事なんだけど、ついにこの時が来たんだな~。何だか感慨深い。Img_1027

おっぱいをあげる時に、「もうすぐおっぱいとバイバイだからね~」、「今のうちに沢山飲んでね~」と話しかけているのだけど、それがわかってか、おっぱいへの執着がすごくなった。

寝ている時も「確認」してくるし、逃げられないようにか、私の身体の上に乗って眠ったりする。

息子にとっておっぱいは特別な存在なのだと思う。

寂しい時、泣きたい時、心細い時、決まっておっぱいを触ってくる。

私はおっぱいを通じて「大丈夫だよ~」と語りかけて来たんだ。

来月からは、心と心で繋がって生きていく私達。おっぱいの事は忘れても、この絆はきっと心に残ってくれていると信じてる・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年10月16日 | トップページ | 2006年10月27日 »