« 2007年1月23日 | トップページ | 2007年2月6日 »

こどものおやつ。金柑とはちみつのコンフィチュール。

Img_2184

季節のフルーツを楽しむのに、コンフィチュールはうってつけ!

そのままの状態で食べてもあまり美味しくは感じない金柑だって、甘く煮るだけで、どんなおやつにも変身出来ちゃう魅惑の果物になるんだもの!

おまけに風邪の予防なんかに良いときたら、食べなきゃ損!なのです。

マーマレードよりも食べやすくて、柚子の様に香りが良いのでパンに塗る他にもお湯を注いで「ゆず茶」風に飲んだり、ヨーグルトにかけたり、生地に混ぜ込んでケーキを焼いたりと無限(?)に活用出来そう。Img_2183

そして今回は息子の為に「金柑どらやき」を作ってみました。

ホットプレートで沢山焼いたにもかかわらず、あっと言う間に無くなってしまう程大好評でしたよ♪

金柑とはちみつのコンフィチュール レシピ

金柑       300g          砂糖50g

はちみつ     100g          水   ~

*作り方

金柑はヘタを取って洗い、横半分に切る。種を丁寧に取って細くスライスする。

鍋に金柑と砂糖とはちみつを入れ、ヒタヒタになるように水を加える。    金柑がドロドロの状態になるまで煮る。(水分が減ってきたらその都度調節してください。)

金柑が柔らかくドロドロになったらミキサーにかけて滑らかにする。(ミキサーにかけなくても美味しいですよ)

好みの濃度まで煮詰める。(底が焦げないように注意してください)Img_2179

金柑どらやき レシピ

卵      2個     砂糖    80g

はちみつ  大匙1    薄力粉  120g

サラダ油  大匙1    水     ~

*作り方

ボールに卵と砂糖とはちみつを入れ、ホイッパーで軽く混ぜる。

湯煎にかけながら泡立て、生地が人肌程度に温まったら湯煎からはずし、更によく泡立てる。

生地を垂らして跡が消えない位までに泡立ったら、篩った薄力粉を加えてゴムべらで混ぜる。

サラダ油を加え混ぜ、生地の状態がトロッとする位の水を様子をみながら加え混ぜる。

温めたホットプレートに薄く油をひき、直径5cm程に生地を落とす。(形は丸く整える)

表面がプツプツしてきたら返し、裏はサッと焼く。焼きすぎると固くなるので注意!

焼いた生地を二枚一組にして金柑のコンフィチュールをはさむ。

きょうのむすこっち。

むすこっちは最近とってもお片付けが上手。

お風呂上りに塗るクリームも、読んだ絵本も、色えんぴつも、使った後は元の場所にきちんと片付けるのです。

特に教えた記憶は無いのだけど。。。?笑

こういうのって生まれ持っての性格なんだろうな、きっと。

よ~く観察してみると、息子は何でもきちんとしたい性格みたい。

適当が嫌い。

一見おっとりしてはいるものの、芯がぶっとい頑固な男なのでありました!笑Img_2186

これからの成長が楽しみだなぁ。。。♪

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2007年1月23日 | トップページ | 2007年2月6日 »