« 2007年10月18日 | トップページ | 2007年10月20日 »

秋味。りんごとキャラメルのコンフィチュール。

Img_7190 昨日たまたま通りかかった八百屋さんで、紅玉が安かったのでジロジロ見ていると、八百屋のおじさんが「紅玉は今が一番実が固いし酸味もあって美味しいよ!冬になると美味しくなくなるからね~」なんて話しかけてきた。

私は「そうなんだ~」とやけに納得して、5個で350円(安い???)の真っ赤な紅玉を買いました。

そんなに美味しいりんごだったら、いろいろなお菓子に使いたいな~なんて考えて、今回はキャラメルと一緒に煮てコンフィチュールにしてみました。

先日ブログ仲間のルコさんの日記で美味しそうなコンフィチュールを見た影響かな?

即決でした。(笑)

そしてこのコンフィチュール、かなり目分量で作ったにしては、上々の出来♪

味はというと、タルトタタンのリンゴの部分だけをトロトロに煮詰めた感じというと伝わるかな?

そのままでも、既に「お菓子」と言える位完成しています。

Img_7180 このコンフィチュールはパンに塗るのもいいけど、やっぱりお菓子作りに使いたい!

パウンドケーキに混ぜてもいいし、タルトやパイ生地にも合いそう!

生クリームと混ぜてもいいなぁ~♪

と、いろいろ想像(妄想?)が膨らんでいます。^^

日持ちもするので、みなさんも是非作ってみてください。

りんごとキャラメルのコンフィチュール レシピ

紅玉(小)       4個     砂糖(キャラメル用)  大匙6

蜂蜜(キャラメル用)     大匙2     砂糖   大匙2

*作り方

紅玉は四等分にして芯を取り、皮を剥き、薄くスライスする。

鍋にりんごを入れて、浸る位の水を加えて火にかける。

水が沸騰してきたら、中火にしてコトコト煮込む。

フライパンにキャラメル用の砂糖と蜂蜜を入れ、火にかけて溶かす。

Img_7198 縁から色づいてきたら、フライパイイをゆすりながら焦がし、全体が濃いこげ茶になったら火を止める。

りんごの茹で汁からお湯を1カップ取り、キャラメルに加える。この時激しく水蒸気が出るので、火傷に注意!

キャラメルをしっかりお湯で溶かして、りんごの鍋に加える。大匙2の砂糖も加え、混ぜ合わせる。

灰汁を取りながら、りんごがドロドロになる位まで煮る。

底が焦げ付かないように絶えずへらで混ぜ、実を潰しながら煮てください。

水分が減って、好みの濃度になったら一度味見をして、甘さが足りなかったら砂糖を足して混ぜる。

熱湯で殺菌した保存容器に詰める。

ファイブスタイル ブログランキング いつも応援クリックありがとうございます!

↑今日も「いいね♪」と思ってくださったら、ポチッとよろしくお願いいたします。^^

きょうのむすこっち。

Img_7163 昨日は沢山の温かいアドバイスをありがとうございました!

子育てって大変な事が沢山あるけど、自分の気持ち次第でいくらでも楽しめるものですよね?

私も凹んでなんかいられない!いつも前を向いて歩いて行かなくちゃ!と改めて心に誓う事が出来ました。

そんな気持ちで今日はリトミックとサッカーのはしご。

私の気持ちが通じたのか、最近は「抱っこ~」ばかり言っていた息子が「抱っこ」と言わない!

Img_7168 お友達のママとは手を繋がなかったのに、この日はすんなり手を繋いでくれた。

何で~?

ほんと、子供って不思議。

親の心の変化を敏感に感じているのかもしれないですね。

そう思うと、益々「楽しく子育てしなくっちゃ!」って思います。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

« 2007年10月18日 | トップページ | 2007年10月20日 »